>

汚れがこびり付かないように

この記事をシェアする

使ったらすぐ洗うことを守る

食器や調理器具は使い終わったら、すぐ洗ってください。
それなら汚れがすぐに落ちるので、時間短縮に繋がります。
軽い力でも落とせるので、体力も使わないでしょう。
洗うのが面倒だと感じている人は、つい使い終わった食器類を放置してしまいます。
ですがずっと放置していると、汚れが付着するということを覚えておきましょう。

すぐに洗うことで、洗剤をあまりつけなくても汚れを落とせます。
洗剤の節約にも繋がるので、メリットは大きいです。
料理している最中も、もう調理器具を使わないと思ったら洗ってください。
特に包丁を使った場合は、汚れをすぐに落として綺麗にしましょう。
汚れがいつまでも付着していると、包丁が錆びる原因になります。

油汚れの落とし方を勉強する

どうしても落とせない汚れがあったら、水に浸けておくのが良い方法です。
すると汚れ水で分解されるので、軽く擦るだけで落とせます。
油汚れは水に浸けていてもなかなか落ちないので、洗剤を薄めた水に浸けてください。
野菜炒めなどをした後のフライパンは、油が残っている野でかなり汚れています。

まずは洗剤を薄めた水に浸けて、汚れを分解してください。
何を優先して洗って、何を水に浸けておけば良いのか汚れ具合を見て、判断できるようになりましょう。
汚れ具合によって、洗い方が異なります。
その場合に適した洗い方を意識することで、後片付けがさらに楽になります。
時間や手間を削減することができたら、料理をすることがもっと楽しくなるでしょう。